本文へスキップ

前立腺がん早期発見はPSA検診から。MRI,生検,骨シンチ,ホルモン療法,放射線療法,副作用,治療記録,体験記,闘病記


治療前と治療後のPSA変化

PSAの変化

PSAは前立腺の異常にのみ反応する前立腺に特異的な抗原です。このため前立腺がんの腫瘍マーカー(がんの発見や経過観察に重要な役割を果たす検査数値)として使用されます。健康な人の場合のPSA値は2.0以下とされています。年齢にともなって増えていきますが最大でも4.0以下が標準です。これ以上の数値になると前立腺に何らかの異常が疑われるのです。

私の場合、市の健康診断で平成23年は2.96と正常でした。しかし2年後の平成25年の検査では5.01と基準値の4.0をオーバーしていました。この時は大したことはないだろうと思い「来年再び基準値をオーバーしたら考えよう」と再検査しないでいたのです。ところが翌年の平成26年は発熱のため予約していた市健診をキャンセルすることになります。そして間質性肺炎(特発性器質化肺炎)という病気で入院生活を送りました。そして病気が小康状態になったので平成27年に再度PSA検査を行ったのです。

その結果は7.69という高値で、すぐに再検査をすることになります。そのあとのことは各ページに詳細に記しています。その後はMRI検査と生検で癌であることが確実になりました。平成28年2月のPSA値が5.993に下がった理由はよく分かりません。この数値はホルモン療法開始前の検査結果です。ホルモン療法を開始したのは平成28年2月からです。次のPSA検査からは劇的にPSA値が下がります。平成28年11月に放射線療法の外部照射が終わりました。ホルモン療法でのゾラデックス注射はこの後も3年間継続してPSAの変化を見ることになります。従って現在はホルモン療法継続中ということになります


PSA値の記録
平成23年8月13日
市健診 2.96
平成24年9月7 日
市健診 3.11
平成25年8月16日
市健診 5.01
平成26年11月
市健診は発熱で受診取りやめ
平成27年7月27日
市健診 7.69
平成27年8月11日
PSA値 9.05
平成27年11月7日
PSA値 11.640
平成28年2月9日
PSA値 5.993 この後ホルモン療法カソデックス薬開始
平成28年2月23日
ホルモン療法ゾラデックス注射開始
平成28年3月28日
PSA値 0.037
平成28年8月23日
PSA値 0.016
平成28年9月12日
放射線療法、外部照射開始
平成28年11月10日
放射線療法、外部照射終了
平成28年11月22日
PSA値 <0.008
平成29年2月14日
PSA値 <0.008
平成29年5月9日
PSA値 <0.008
平成29年8月8日
PSA値 <0.008
平成29年11月1日
PSA値 <0.008



書籍・サプリメント

前立腺がん

ノコギリヤシ

ヘム鉄&ビタミン

ビタミン&ミネラル



みんなの掲示板

前立腺癌の治療記録前立腺癌の治療記録  

タグ:前立腺がん,早期発見,PSA検査,MRI検査,画像診断,被膜浸潤,精嚢転移,生検,会陰生検,直腸生検,脊椎くも膜下麻酔,骨シンチグラフィー,骨転移,ゴールドマーカー,トモセラピー,放射線療法,外部照射,小線源療法,リスク分類,グリーソンスコア,適応治療,ホルモン療法,内分泌療法,放射線療法の副作用,骨粗鬆症,尿意切迫感,放射線性直腸炎,肛門痛,放射線治療費,外照射費用,高額療養費,前立腺がん体験記,治療記録,闘病記

スマートフォン対応



間質性肺炎の治療記録