本文へスキップ

前立腺がん早期発見はPSA検診から。MRI,生検,骨シンチ,ホルモン療法,放射線療法,副作用,治療記録,体験記,闘病記


健康診断と前立腺PSA

年1回の健康診断(検診、人間ドック)で早期発見!

前立腺癌の早期発見

私は昭和17年(1942年)生まれの男性です。今まで風邪ぐらいしか引いたことがなかったのですが、70歳を過ぎてから次々と大きな病気をするようになりました。その原因については、特に思い当たることはないのです。ただあえて言えば「加齢に伴う免疫力の低下」が原因の一つのような気がしています。前立腺癌は間質性肺炎の治療中に見つかり並行して治療しました。このサイトでは私の前立腺癌の治療記録を元にして、その経過や前立腺癌に関する事がらの詳細を掲載しました。一通り読んでいただくと前立腺癌に関する様々な知識や治療方法がある程度理解していただけると思います。

前立腺癌に限らず癌は早期発見が非常に重要です。早く見つかるか否かで、天と地ほどの差があるといっても過言ではありません。早く見つかれば比較的治療も容易ですが、早期発見が遅れて癌が転移していると根治は困難になります。前立腺癌の場合は血液検査PSAだけで容易に癌の疑いがあるかどうか判断できます。そのためにも定期的な健康診断は欠かすことができません。自治体によってはPSA検査がオプションになっている場合もあります。わずかな費用ですのでPSA検査は必ず受けるべきです。そうして早期発見すれば前立腺癌の転移を未然に防ぐことが出来るのです。

前立腺の位置と機能



前立腺(ぜんりつせん)(prostate)は、生殖器官の一つで男性のみに存在します。膀胱の真下にあり尿道を取り囲む様になっており精嚢(せいのう)が隣接してあります。形状はクルミ大の3cm程度で重さは数10g程度です。前立腺の機能はまだ解明されていない部分が多い未知の臓器です。主な働きとしては前立腺液の分泌、射精における収縮、排尿などにも大きく関わっています。

過去の前立腺検査記録

総酸性フォスターゼ ACP。平成12年(2000年)頃の前立腺検査の記録です。その当時はPSA検査ではなく、総酸性フォスターゼACPという検査が行われていました。総酸性フォスターゼACPは前立腺に多い酵素で前立腺での異常を調べるときに検査が行われます。前立腺肥大症、前立腺癌等の腫瘍マーカー(がんの発見や経過観察に重要な役割を果たす検査数値)として利用されていました。しかし感度が低いために現在ではPSA(前立腺特異抗原)が利用されています。下記の私の健康診断記録では特に数値に異常は見られません。

総酸性フォスターゼ ACP 基準値14.4以下
H12年9月13日
8.8
H13年11月20日
9.7

近年の前立腺検査記録。

前立腺特異抗原PSA。PSAは「prostate-specific antigen」の略で前立腺特異抗原といわれます。前立腺から分泌され、ごく微量が血液中にも取り込まれます。正常な場合のPSA値はおおよそ2ng/mL以下で、一般的に4ng/mL以下が標準値とされています。しかしこのPSAは前立腺に前立腺癌、前立腺肥大症、前立腺炎などの異常があると血液中に大量に放出されて濃度が高くなります。前立腺の異常にのみ反応する、前立腺に特異的な抗原です。そのため前立腺がんの腫瘍マーカーとして使用されます。健康な人の場合のPSA値は2.0以下とされています。年齢にともなって増えていきますが最大でも4.0以下が標準です。これ以上の数値になると前立腺に何らかの異常が疑われるのです。

年齢によるPSAの基準値
年齢 PSA(ng/ml)
49歳以下 2.5以下
50〜64歳 3.0以下
65〜69歳 3.5以下
70歳以上 4.0以下

市の健康診断で見つかった前立腺異常

下記の私の記録では平成25年8月の市健診で5.01の数値で異常が見つかっています。この時は健診先から「健康診断結果票」として「再検査を受ける必要があります。下記の診療科をご受診頂くか、掛かりつけの医療機関にご相談ください。」として「PSA(前立腺特異抗原)高値」と記されていました。この時は「このくらい大丈夫だろう」と思って再検査をしませんでした。

翌平成26年、前年の前立腺検査で異常が出たので、今回も市健診と前立腺検査を受けるべく予約を入れておきました。数値が高かったら直ぐに精密検査をしようと思っていました。しかし健診日の数日前から熱が続いて予約を取り消しました。その後も熱は引かず間質性肺炎だということが分かり大学病院へ緊急入院する事態となりました。そのため平成26年の市健診は出来ませんでした。平成26年から27年にかけて40日以上の入院生活を送り病状が改善したので退院しました。と言っても病気が完治したわけではありません。時々間質性肺炎が再燃したりして現在も治療中です。ただ小康状態のため前年出来なかった健康診断を受けることにしたのです。平成27年の前立腺検査結果は心配していた通りPSA値7.69の高い数値でした。この時も健診先から「健診結果ご報告」として再検査を促す通知がきました。

PSA検査(70歳以上基準値 4.0以下)
H23年8月13日
市健診 2.96
H24年9月7 日
市健診 3.11
H25年8月16日
市健診 5.01
H26年11月
発熱のため受診できず
H27年7月27日
市健診 7.69
H27年8月11日
PSA再検査
H27年8月15日
PSA再検査結果 9.05

前立腺の再検査を受ける

平成27年の市健診の前立腺検査でPSA値が7.69という高い数値がでました。このため再検査を受けることになりました。27年8月、掛かりつけのS病院で初めての泌尿器科を受診することになります。担当のI Dr.は40代後半位で温厚そうな感じです。市健診での検査結果の説明を受けPSAの再検査をするため採血をしました。4日後の検査結果では9.05という前回より更に高い数値がでました。そのためMRI検査を勧められて検査予約日を決めました。

前立腺癌の自覚症状

今まで前立腺の名前はよく見聞きしますが、機能とか位置とかはよく判りませんでした。従って今まで前立腺を自覚するということはほとんど無かったです。前立腺と関係の深い尿意について、自覚するようになったのは多分45歳くらいからだったと思います。便器の前に立っても尿が出るまでに少し時間がかかる。尿の勢いも若いころのようなほとばしるような感じはなくなった。しかし特に尿意の間隔が短くなるようなことはなかった。若い頃は一度も起きなかった夜のトイレですが、最近では夜中に1〜2回起きるようになっていました。ただPSAの数値が上がってきても、体の方は特に異常だとは感じませんでした。



前立腺癌の治療記録前立腺癌の治療記録

スマートフォン対応